便秘解消からはじめる健康体構造改革~体を中から変える~

女の人

ダイエットに最適なお茶

緑茶

製法にこだわる

痩せるお茶を飲み続けるためには、日常に溶け込む味わいである必要がダイエットユーザーの意見として挙げられています。和洋中など、様々なお料理の味を邪魔せず、さらに作り置きしても風味や味が劣化しないなど、美味しさは続けられる秘訣となるため、製法にこだわりを持って企業努力しています。飲みやすいを超えて、美味しい痩せるお茶に仕上げるために、高圧釜の蒸気殺菌仕上げ法を用いることによって、茶葉独特のカビ臭さを和らげ、マイルドな味わいに仕上げています。また、直火焙煎などにもこだわりを見せており、焙煎方法を茶葉の産地や時期によって変化させたり、焙煎士による極め方など、幅広い年代の男女が愛飲できるクセのない製造過程に着目しています。

脂肪をつきにくくする

緑茶と比較した場合、重合カテキン量が100gあたり5・5倍、没食子酸量が約18倍もあるのが、痩せるお茶と呼ばれるプーアル茶の特徴です。腸内で脂肪を吸収する成分をブロックすることにより、中年太りとも呼ばれるメタボ解消に繋げることができ、体に脂肪がつきにくくなるのが特徴です。痩せるお茶にはカテキンによる抗酸化力が大きく、さらに分子レベルも大きいことから美容と健康に適しており、中でも内臓脂肪を大幅に引き下げる効果が期待されています。特に日本人の舌や体質にあわせて調合されているため、脂肪のみならず、溜まったものを出す杜仲茶や、油の吸収を抑制する烏龍茶などの茶葉をブレンドし、痩せるお茶に仕上げているため、日常に溶け込みやすい味が継続できる内容となっています。