便秘解消からはじめる健康体構造改革~体を中から変える~

女の人

善玉菌を増やすことが大切

お腹

腸の中には細菌がたくさん

私たちの腸の中には細菌がたくさん棲んでいます。腸内細菌の数は、人の細胞の数よりも多いことが分かっており、その数は何と100兆個を超えると言われています。腸内細菌については、善玉菌と悪玉菌、そしてどっちつかずの日和見菌に分けて考えることが多くなっています。善玉菌は、私たちにメリットを与えてくれる細菌で、逆に悪玉菌はデメリットを及ぼす細菌と考えることができます。日和見菌は、善玉菌が優位な状態であれば善玉菌の味方をし、悪玉菌が優位であれば悪玉菌の方に付く細菌です。そして最近では、善玉菌を増やすことを腸内環境改善と呼ぶようになりました。腸内環境改善ができれば、私たちにとって様々なメリットが生まれるわけです。

期待できるメリットとは

腸内環境改善を行って期待できるメリットとは、どのようなことでしょうか。現在多くの研究が行われており、そのいくつかをご紹介します。腸内環境改善が上手くいけば、便秘や下痢が改善されると言われています。これは善玉菌が腸の蠕動運動を活発化したり、消化吸収を助けるためと考えられています。次にアレルギー等の免疫の異常を正常化してくれると言われています。これは、善玉菌が免疫機能を混乱させている悪玉菌の増殖を抑えてくれるためと考えられています。その他にも、腸内環境改善を行うことで、肥りにくい体質になったり、糖尿病の予防効果が期待できるのではないかと考えられるようになってきたのです。ですから、日頃からサプリメント等を利用して善玉菌を増やすことが大切なのです。